美容に良い食べ物コラーゲンのとんでもないうそ!

美容に良い食べ物コラーゲンのとんでもないうそ!

美容に良い食べ物コラーゲンのうそ!

 

 

美容たっぷりのコラーゲンっていうけど
実は食べ物で摂取してもまったく意味がないって知っていましたか??

 

美容のためのコラーゲンのうそと本当をお伝えします。

 

 

コラーゲンは体内で生成されるもの

 

そもそもコラーゲンがあることで何が美容にいいのかというと
肌の生まれ変わり機能であるターンオーバーと関係しています。

 

 

表皮の奥から新しい細胞が生まれては
古い細胞が剥がれていくことで

 

肌は数十日で新しい肌に生まれ変わり
それをくり返していくことで若さを保つことができています。

 

 

このターンオーバーの源となっているのがコラーゲンです。
コラーゲンが真皮より生成されることで

 

私たちの肌は生まれ変わるとができます。

 

 

しかし、20代後半からそこコラーゲンの生成は
急激に減少しはじめます。

 

なので年齢を重ねるとケガの治りが遅くなったり
肌にハリや弾力がなくなったりするんですね。

 

 

この少なくなったコラーゲンを補おうということで
コラーゲンを多く含んだ食材を食べたりしているのですが

 

ここに大きなウソがあるんです。

 

 

 

コラーゲンを食べても胃でアミノ酸に分解される

 

コラーゲンは食材として体内に入れても
胃で消化された時にアミノ酸に分解されるので

 

コラーゲンとして活用されるとは限らないのです。

 

 

 

考えれば当然のことなんですが

 

髪の毛が薄い人が髪の毛を食べても薄毛は治らないですよね?
視力の悪い人が魚の目玉を食べても目は良くなりません。

 

このようにコラーゲンが不足しているからといって
そもままコラーゲンを食べても実は意味がないのです。

 

 

 

コラーゲンの生成を促すなら

 

コラーゲンを体内で生成させるために取り入れたほうがいい栄養素は

 

タンパク質とビタミンCが有効です。

 

 

基本的にタンパク質を取ろうがコラーゲンを取ろうが
分解されるとアミノ酸になるので

 

どちらでも同じことです。

 

アミノ酸は体内で酵素によってコラーゲンを作ります。
ビタミンCはそのアミノ酸と酵素の潤滑油の役割を果たしてくれます。

 

 

ビタミンCはコラーゲン生成になくてはならない存在なのです。
年齢で生成が悪くなっている人なら尚の事ですね。

 

 

鍋がある居酒屋とかでコラーゲンボールで明日の肌もすべすべ
みたいな商売をやっているバカがいますが

 

あんなもん食べるくらいならビタミンC摂ったほうがいいですからね!

 

 

ニューアリフト

 

さらにコラーゲンの生成をサブマイクロ波のサーマクール効果で
促してくれるのが温熱美顔器のニューアリフト

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
マリオネットラインとは 効果的なマッサージ法 ほうれい線との違い